整形手術

ボトックス治療でシワを除去しよう【画期的な方法】

簡単にできるシワ取り効果

膝の施術

表情筋を抑制する働き

美容整形の世界で注目されているものにボトックス注射があります。これはボトックスという成分を注入することによって、眉間や目尻のシワをなくす施術法です。ボトックスというのは毒素として有名なボツリヌス菌の一種です。ボツリヌストキシンというタンパク質を生成するのですが、それを加工したものです。加工によって毒素を薬に変えているので危険性はないのです。顔には表情筋という筋肉があって、この筋肉の動きによって表情ジワができるのです。目尻のシワは眼輪筋という表情筋によってできますし、おでこのシワは前頭筋という表情筋で、眉間のシワは皺鼻筋という表情筋によってできるわけです。ボトックス注射をすると表情筋の働きを弱めることができるので、表情ジワを消すことができるのです。しかし効果が持続する期間が決まっており、4ヶ月から6ヶ月たつと注入したボトックスが失われてしまいます。そのためシワ取り効果を維持するためには半年に1度、注射をする必要があります。2度目の注射をすると1度目の時よりも効果が長く持続します。繰り返し注射を重ねることによって効果の持続する期間が長くなっていくので、最終的には2年に1度ぐらいの注射になっていきます。かつては皮膚を切開していたのですが、最近は注射によって短時間で簡単にシワ取りができるようになっています。今後はもっと効果のある成分が開発され、さらに誰でも簡単に若さを保つことができるようになっていきます。

施術後は安静が必要

短時間でシワ取りの効果があるので人気のボトックス注射ですが、治療後は普段と同じく日常生活を送ることができます。しかし、仕上がりを維持するためにいくつかの注意点があります。治療してすぐに顔をマッサージしたり、横たわったりすることはよくないのです。注入したボトックスが拡散してしまう恐れがあり、綺麗に仕上がらなくなるからです。治療後はなるべく安静にしていることが大事で、4時間ぐらいは静かにしている必要があります。また治療後はお酒を飲んだりお風呂やサウナへ入るのは控えた方がいいのです。なぜなら、これらの行為をすると血行が良くなりすぎて、患部が内出血したり腫れたりすることがあります。ボトックス注射をすると表情筋の動きを抑制するので、治療してから1週間ぐらいは違和感を覚えたことがあります。その期間はなるべく激しい運動を控えた方が手術後の仕上がりを維持できます。ただし日常生活を送る程度の動きなら問題はないのです。以上のようにシワ取りのためにボトックス注射をした場合は、落ち着くまではなるべく静かにしていた方がいいのです。また、美容整形クリニックの選び方にも注意する必要があります。実績のあるクリニックで、きちんとカウンセリングをしてくれるところを選ぶことが大事です。