オペ

ボトックス治療でシワを除去しよう【画期的な方法】

改善する治療法

注射器

少量の注射でより自然に

ボトックスはシワ治療に用いられるボツリヌス製剤のひとつですが、ボツリヌス製剤にはアメリカ製のボトックスのほかにも、ヨーロッパ製の製品などもあります。しかしボトックスは、ヨーロッパ製のボツリヌス製剤とくらべてピンポイントで効果を出しやすいというメリットを持っています。そのため、医療分野だけでなく美容分野においても高いシェアを誇っているのです。したがって、今後とも顔などのシワ治療に効果の高い薬剤として、ボトックスの需要はいっそう高まると考えられます。また、ボトックスには最近新たに注目されている治療法があります。それは、マイクロボトックスという方法です。これまでのボトックス治療では、筋肉に注射を打っていたためダイレクトに表情筋に作用し、注入のしかたが良くない場合などには表情が固まってしまったように見えるという難点がありました。しかしマイクロボトックスでは、皮膚のごく浅いところにのみ、少量のボトックスを注射します。このやり方だと表情筋の動きを妨げることがないので、自然な表情を保つことができます。しかもシワやたるみは効果的に改善できるため、これからはマイクロボトックスが広く普及し、シワをどの程度改善したいかという個人のニーズに合わせた治療が行われていくと予想されます。

ヒアルロン酸との違い

ボツリヌス菌からつくられた薬剤を注入するボトックスは、顔のシワに悩む女性に人気のある施術です。しかし、美容外科や美容皮膚科などのクリニックで行われるシワ治療には、ボトックスのほかにもヒアルロン酸注射などの方法があります。このため、どの方法を選べばよいのか迷ってしまう女性も数多くいます。ボトックスは顔の神経と筋肉とが接している部分に働きかけ、顔の筋肉の動きをセーブするという作用を持っています。この作用によって、顔を動かしたときに目立ちやすい眉間のしわや、おでこ・目尻のシワなどをできにくくする効果があるのです。注入する量が多すぎたりすると、筋肉が動かず無表情に見えたりするのはこのためです。一方ヒアルロン酸は、神経や筋肉ではなく皮膚に対して働きます。シワやたるみのある部分にヒアルロン酸を注射すると、皮膚がふっくらするので若々しい印象を取り戻すことができるのです。こうしたことから、ヒアルロン酸はほうれい線などの治療に向いています。つまり人によっては、ボトックスで筋肉の動きを制限し、表情ジワを目立たなくすることができても、皮膚に弾力がなかったり頬の肉が落ちていたりすると、ほうれい線などのシワが改善できないという可能性もあるのです。そこで美容クリニックでは、ボトックス注射とヒアルロン酸注射を同時に行ってくれることもあるので、まず医師に相談してみることをおすすめします。

手軽な美容整形

美容整形

ボトックスは体の様々な部位に適用出来る美容整形です。手軽な方法で出来ることから、プチ整形として人気を得ています。筋肉を和らげることでしわなどを解消するボトックスは、今後はさらに適用範囲が広がるでしょう。

この記事を読む

しわなど気になりますか

脚に注射

ボトックス注射は注射をするだけなのに、しわ取りやエラ削りなどいろいろな効果が出ます。筋肉の働きを弱める効果があり、筋肉をうまくコントロールできるので、万能なのです。効果は3〜4か月程度で、その後は効果が薄れてしまいます。

この記事を読む

簡単にできるシワ取り効果

膝の施術

美容整形の世界で注目されているのがボトックス注射です。ボトックスを注入することによって顔の表情ジワを消すことができます。短時間で簡単にできるので人気がありますが、治療後は仕上げを維持するために4時間ぐらい安静にしている必要があります。また半年に1度の割合で注射をすると効果が持続します。

この記事を読む

しわやエラの悩み解決

整形

ボトックス注射は、いろいろできます。しわ取りやエラ削りなどです。注射だけなので、短時間で済み、ダウンタイムも短くて済みます。治療箇所によって費用が変わります。数か月程度しか効果が持続しないことを知ったうえで検討しましょう。

この記事を読む